日別アーカイブ: 16-11-10

やってはいけないこと

ECサイトを運営する場合、絶対にやってはいけないことというものがあります。基本的にECサイトを安定して運営するためには利用者との間に信頼関係が無ければサイトの運営が出来ないと考えるべきで、その信頼を著しく損なうような行為はやってはいけないことです。例えば商品が無いのにいかにもすぐに納品できるように見せかけて販売するとか、商品の価値を本来のものよりも誇大表記して販売するあからさまな誇大表記などは行ってはいけない行為となります。

もちろん商品の代金だけ徴収して商品を送らないとか、利用者の個人情報を漏洩させてしまうといった行為もECサイトを運営する上では最低の行為となりますし、個人情報に関しては個人情報保護法があるためもし訴えられた場合には多額の慰謝料が必要になることも考えられます。利用者への連絡なども放置することなく密に行う事が重要となりますので、利用に対する返答は迅速かつ確実に行う必要があります。

連絡を無視して放置するといったことや、商品の発送が遅れるといった連絡をしないというのも、やってはいけないことだと言えますしマナーとして考えてもマナー違反となりますので注意しなければいけません。信用を損なうことは全てタブーであると考えましょう。